優雅に京ぶら ⑪ (6月 ) 紫陽花

No.19

京の今日は 「台風一過の…」 と言いたいところですが

[E:sun]は朝だけ。。。その後は時々晴れ、ほとんど曇り

オマケに、仕事終わりは[E:rain]

シャワーを浴びながらの帰宅でした[E:bicycle][E:sweat01]

京では来週も梅雨空が続く見込み[E:cloud][E:rain][E:cloud]

なかなか安心して洗濯物が干せません…

さて

アップしそびれてた記事があります

先月の 『京ぶら』 

もたもたしてる内に

月が変わり、季節が移ってしまいました

でも、強引にアップします

娘との大切な “時” ですから・・・

       少々の間 お付き合いくださいマシ~~ [E:wink]

「紫陽花が見たいなぁ」   

もうすぐ、京都府民から〇〇県人になる娘の言葉に

母がまだ入院中の6月13日、年休取って行ってきました

優雅に京ぶら 6月は 

      紫陽花を求めて藤森 (ふじのもり) 神社へ…

      その後 [E:restaurant]

      その後 大丸・高島屋でShopping[E:boutique][E:rouge][E:t-shirt]

      その後 母のところへ

                  てな コースとなりました [E:smile]

Img_6494Img_6495_2伏見区にある藤森神社は

今から約1800年前に創建され

菖蒲の節句発祥の神社としても知られ

Img_6512

菖蒲は尚武に通じ

尚武は勝負に通じ

勝運を呼ぶ神として信仰を集め

今日では勝運と馬の神様として

競馬関係者(馬主・騎手等)や競馬ファンも参拝するとか…

毎年、5月5日の藤森祭で行われる駈馬神事 も

                       見てみたい行事です

境内にある金太郎像

これは菖蒲の節句発祥の地を記念して奉納されたそうですが

なんというか・・・とってつけた感がありました [E:bleah]

それでも娘は上着まで脱いで・・・[E:camera][E:impact]

Img_6770

さすが、わが娘 [E:coldsweats01]

こちらは霊験あらたか

パワースポットでもある 不二の水

Img_6530

「2つとないおいしい水」という意味で

武運長久・学問向上、勝運を授ける水とか…

何人か、ペットボトルを持って汲みに来てはりました

不二のと言うだけあって、確かに美味しかったです [E:good]

ペットボトル持参でどうぞ [E:wink]

そして、京ぶらメインの紫陽花ですが

満開の手前でちょっと期待外れ…

それでも、やっぱり綺麗はキレイ[E:sweat01]

Img_6516

Img_6524

Img_6501

Img_6527

Img_6503

ハッキリ言って、宇治の三室戸寺に負けてました

娘にもそう言いながら歩いてたら

夫婦連れの見知らぬおじさんがすれ違いざま

「やっぱり紫陽花は三室戸やな~」 って 

私も 「そうですねぇ~、やっぱり三室戸ですね~」 と

                     思う事は一緒でした [E:bleah]

お腹の時計がお昼を差しました

急いで四条に行って、この日のお昼はココ

Img_6562

ココは、元々 仏光寺の宿坊やったそうです 

和食だけあって、50代以上の女性ばかりで娘は最年少[E:chick]

ご覧のとおり、ちょっと軽めの昼食でした [E:pig]

その後は

大丸ウロウロ   高島屋ウロウロ

こんな感じで 六月の 優雅に京ぶら は終わったのでした

               歩き過ぎて [E:foot] 痛かった・・・

最後までお付き合いありがとうございました

   ↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

にほんブログ村

</p

"優雅に京ぶら ⑪ (6月 ) 紫陽花"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: