おススメの本と 夫の性分

京の今日は
最高気温 14.7

ずーーーーーーっと雨でした
偉いさんの私が一番風呂に入るころ…17時半やっと止んだ

今日は100%雨やから
化粧もせず朝から読書📖、昼前読了
逆ソクラテス 伊阪幸太郎
IMG_6738.jpg
小学生が主人公の5つの短編からなっていて

・ソクラテスと言えば『無知の知』
 逆ソクラテスは
 自分が正しいと信じ、物事を決めつけ考えを押し付ける担任のこと
 主人公の友達がその担任の先入観を覆そうと策を練る

・頼りない先生が最後に人と人との関わり方を説く

・ん?  最後の最後のこの店員は…

ハラハラ・ドキドキ・ワクワク・・・そして涙

友達と同時にゴールしよう! と一緒に走った運動会…
何係やったか、毎日プールに行ける特権を得た夏休み…
60年近く前の小学生の自分を思い出させてくれました

正直、短編集は苦手で避けてたけど
この本は別!!
おススメの一冊として紹介します

この本、図書館に予約して かなり長い間待ちました
予約待ちの人が20人は超えてたかも…
返却日は28日やけど
次の人が待ってはるし明日の朝返しに行ってきます


午後からは蓬だんご作り…今年二回目
その出来は また 後日

そして
その最中に また 筍LINE
蓬だんごを作り終えてからもらいに行きました

毎週毎週、これで三連チャン
帰り道
「今年はメチャメチャ筍食べてるな~」とゆう夫に
「今まで食べた分買ったとしたら
 諭吉さん数枚飛んで行ってるやろな~」と私

こんだけ続いても 「もう いらん」ってゆわへん夫
そんだけ美味しいってことです
筍自体は
「美味しい筍やな~」とゆうのに
私の作品に
「美味しい」が無いのはなんでやねん

あっさり佃煮風は
IMG_6691.jpg
「これ、ぎょうさん炊いといたらええねん」と。
ってことは…

 美味しいねんやろ

他の筍料理も残すことなく平らげる
ってことは…

 美味しいねんやろ

損な性分やな~
って・・・
私がそんな性格に変えてしもたんかな~
昔は「美味しい」ゆえてた人やったような・・・
気がするけど・・・
チゴタかな~

 幾星霜 記憶は薄れ 毛も薄れ


2021.4.17  今日も最後までお付き合いありがとうございました
↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

京の今日はこんな日〜♪ - にほんブログ村
posted by チョイ甘主婦 at 23:55京都 ☁ | Comment(6)

筍ラッシュと 本ラッシュ

京の今日は
最高気温 21.4

曇ってたわりに20℃超え
雨は
朝方降って
昼間は降らず
夜になってまた降った
予報ではもっと降るはずやったのにチョッと拍子抜けの一日でした

四月になって
思いがけない筍ラッシュが二週続けてやってきた
先日も書きましたが、旧友Ⅱからの嬉しいお裾分けです

あっさり薄味の お煮しめ
IMG_0695.jpg
煮汁入れるの忘れた!!  一緒にもらった人参の間引きも添えて。

茹でて薄くスライスしたお刺身
IMG_0683_Original.jpg
上等の筍やからコレが美味しい!!

筍のみの筍ご飯
IMG_6644.jpg
そのものの味を味わいたいから余計なものは入れません!!

これは新作、筍のバター焼き
IMG_0700_Original.jpg
小麦粉まぶしてサラダ油で焼いて、最後にバターを絡め醤油を少し

薄味の佃煮風
IMG_6691.jpg
佃煮にしたかったけど、根が薄味なもんで“風”どまり

筍のステーキ…パインジュースで煮込んだスペアリブの添えに
IMG_6631.jpg
薄ーーく味付けした大根と筍をサラダ油で焼いて添え
スペアリブの煮汁をかける

柔らかくて美味しい筍やから
茹でただけでも甘みがあって美味しい筍やから
どうしたって美味しい
 上の写真は一日にして成らず
今季の筍料理ラインナップです

両親が元気な頃は
親戚からたくさんもらったのを横流ししてくれてたけど
母が家を出ると それもプツリと止まりました
たまに叔父からもらうくらいで・・・

こんな筍ラッシュは初めてです…それも皮付きの筍。
母がいた頃は茹でたんもらってたし…
娘時代も筍の皮なんてむいたことなかったし…
茹でるのも大鍋2個いるし

けど、それも もう慣れました
美味しいモンを美味しく食べるのにはそれなりの手間がいる

それに、今しかない
もう後 一回で終わりらしい

もう十分もらったしこれで満足ですけど

旧友Ⅱの親戚は隣町
今年は隣町が豊作で、我が故郷は不作
これが何故か交互にくるとゆうから不思議なことデス
そやし
来年は多分 もらえへんと思います
残りの筍、よ~~~~~く 味わっていただきたいと思います
感謝とともに・・・

それと同時にきた本ラッシュ
IMG_6704.jpg
あともう一冊、図書館で待機中
受け取り期限ギリギリに取りに行こうと思います
ドンドコ予約してたら
何人待ちの順番が同時に来てしもた~

退職してから けっこう読むようになりました
これはブロ友のきっしぃさんの影響もあります
『旅猫リポート』『海が見える家』『猫弁』『戸村飯店…』
ブログで紹介してはって面白そうなんを図書館で予約
今だハズレ無し!!  
きっしぃさん、ありがとう~
後は、京都新聞の本紹介のコーナー見たりしてチョイス📖
『革命前夜』『羊は安らかに草を食み』『銀河食堂』・・・
これもオススメです

しかし
最近、お布団に入るとすぐ眠たくなるのは 春のせいかな~
今月中に4冊…頑張るしかない


2021.4.13  今日も最後までお付き合いありがとうございました
↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

京の今日はこんな日〜♪ - にほんブログ村
posted by チョイ甘主婦 at 23:00京都 ☔ | Comment(2)

おばさんになる人と ならない人。。。安井かずみがいた時代より

京の今日は
最高気温 6.7

最近、天気予報よう当たります
起きたら雪が降ってました
今朝は さすがに寒かった
昼前、スーパーMまでウォーキング
寒さは耐えられるのに風が凄かった
この私でさえ負けそうなくらい。風力有りすぎ


『安井かずみがいた時代』読了
IMG_0521.jpeg
私らの年代までが知る有名人…かな〜
55年の短めの人生は
凡人の何倍も 濃い・恋い人生に見えました

生涯に約4,000曲の歌を書いた安井かずみは
1960年代、プレスリーの歌を訳して訳詞家としてデビュー
その後、作詞家として誰もが知るヒット曲を世に送り出すのです

多くの有名人や芸術家と交流を持ち
誰の目にも眩しく輝いていた20代〜30代
38歳で加藤和彦と再婚してからは夫婦の生活に重きを置き
作詞するのは加藤和彦の曲のみとなる

愛し愛され、誰もが羨むカッコ良すぎる仲良し夫婦
私には そんなイメージが残ってます

いろんな人の話を元に綴られた
『安井かずみがいた時代』

私より16年も早く生まれてはるのに
16年後に生まれた私の想像もできない
お洒落で洗練された時を送ったフェリス育ちのお嬢さま

私なんか
鼻垂れ小僧の同級生 多◯君の家で遊んでた時
当時、ミッション系の聖母女学院に通ってはった上のお姉ちゃんの
「そこ、閉めておいて頂戴ネ」
との言葉に衝撃を受けた時の事
今でも鮮明に蘇ってきます
小学校1年生の私が耳にするのは
「閉めといてな〜」が最上級の言葉でした

 閉めておいて頂戴ネ

なんと丁寧な言い方
それも、この鼻垂れ小僧の多◯君のお姉ちゃんが・・・
子供心に
 何? この差‼︎
って思ったのでした
でも、その鼻垂れ小僧の多◯君も中学から私学に行き
その系列の高校教師となりました・・・全くの余談でした

私の身近のお嬢さんは鼻垂れ小僧の多◯君のお姉ちゃんで
その数倍 いや数十倍上のお嬢さまが安井かずみさん

55年の安井かずみの生涯…
自身のエッセイの抜粋もあったけど
本当のところは作者には分からない…
妹さんならまだしも
作者は全く関わりのない他人やもん

喜びも悲しみも悩みも戸惑いも
全てご本人にしか分からない事

ただ、あの時代に こんな人らと付き合って
こんな暮らしをしてはったんやな〜というのは伝わりました
その中に私が大好きやった沢田研二もいました
安井さん、好きやったみたいです
ジュリーが一番カッコええ時代やったもん

住む世界が違う人です

雑誌『クロワッサン』の対談での安井かずみの発言
 ほほーーーー なるほど
と思い
 そんな人 オランやろーーー
とも思いました

なるほど編
「夫と妻との関係が希薄になった女は
  どうしても おばさんになってしまう」
オラン編(そうかも知れへんけど私の周りにはオラン)
「男を愛するとか
 男に対する尊敬とか
 より愛されたいという努力
 そういう環境を持っている人はおばさんにならないと思います」

ま、こんなことが言えた安井かずみさんは幸せな人やったんです
やっぱり、運命の人と出会った人は違うな〜
そう思いました
…愛・…尊敬・…努力 三拍子揃って 私にはござンせん

おばさん通り越してオジサンになりかけてるワ(タ)シですが
オジイサンになるのだけは何がなんでも阻止したいと思います


2021.2.17  今日も最後までお付き合いありがとうございました
↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

京の今日はこんな日〜♪ - にほんブログ村
posted by チョイ甘主婦 at 23:00京都 ☁ | Comment(2)