青もみじの武家屋敷にて…

No. 40

京の今日は…行きは[E:cloud]で帰りは[E:sun]

相方の雛さん、「[E:cloud]やしええか~」とロボコップ不携帯[E:danger]

カンカン照りの帰り道、お顔焼いたらアカンのに…

       [E:flair]←ヒラメキました

私は、雛さんの先を走り[E:bicycle][E:dash]

「私の影に入りぃ~~ !」「顔だけでも影に !!」

ええ考えやと思ったのに

雛さん 「無理無理~」 と笑う…

[E:pig]の影は大っきいと思たのにな~~~

              アカンかな~うぅ~む 残念 [E:wobbly]

 

 

土曜日のことです 

 

土曜日は朝からカンカン照り[E:sun]

何故か早朝に目が覚め…

                                   と言っても八時前 [E:bleah]

お天気もいいし

   何処かええとこないかな~と [E:pc][E:eye]

 

ちょっと前に[E:book]で見た

京都市の北の亀岡市のお洒落なお店を [E:pc] [E:eye] して

口コミやらブログ記事を読んだら『…普通です』 と。。。

それにちょっと遠そうやしそこは却下[E:sign03]

      そして、さらに [E:pc][E:eye] さらに ・・・さらに・・・

 

  で[E:sign01]

       見つけました[E:sign03]

               ええとこ見つけました [E:happy01]

 

ウォーキングから帰ってきた夫に

「ええとこ見つけてんけど行ってみぃひん ?」 と言ったら

 

     [E:pc][E:eye]も見ず 「ええよ~」

 

ええよって…

  どんなとこか見んでもええのぉ~ ?

  全面的に信頼してるって訳 ?

  ちょっと愛想無さすぎやし~ 

         とチョッとムッとしたけどそのまま出発 [E:rvcar][E:dash]

 

京都縦貫自動車道を亀岡で下りて

JR亀岡駅から保津川を渡って山の方へ [E:rvcar][E:dash]

    目指すは 【へき亭

 

そこは、なんとなんと 江戸時代の武家屋敷

Img_3252

 

 

 

 

 

 

 

 

日置(へき) 家は旗本 津田藩の代官やったそうです

Img_3250Img_3283  

 

 

 

表門の左側はずっと石垣土塀

Img_3283_2Img_3284

 

 

 

 

                 表門の右側もずっと石垣土塀

 

この門の中の母屋と

お屋敷の周りをを取り囲む石垣土塀は築300年余り

水戸黄門など時代劇のロケもされたそうです

 

門をくぐり、母屋に入ると玄関の土間に駕籠が…

Img_3253

 

かなり傷んでました

めちゃくちゃ小さいし

      私は無理[E:pig]

 

これで 当主が二条城に登城したそうです

担ぎ手も大変やけど、乗る方もしんどかったでしょう[E:sweat01]

 

お座敷に案内され

予約なしでもいただけるのは 

   むしやしない御前 1,800円 (お昼のみ) 

むしやしないか~ と、物足りなさを感じつつ注文しました

Img_3255Img_3256

 

 

 

 

前菜、山葵菜のサラダ風     へき亭鉢 (これがご自慢)

 

Img_3257Img_3259  

 

 

 

陶板焼き       あられをまぶしたキスとスナップえんどう

 

Img_3260

 

地元亀岡のお米は

   美味しい !

 

沢庵も昆布の佃煮も

母の味と一緒[E:heart]  懐かしくいただきました

 

でも、やっぱり むしやしない

“むしやしない” とは

腹の虫を養う程度の食事という意味の京ことばなんです

 

私にしたら朝ごはん的な感じでした [E:coldsweats01] 

でも、江戸時代からのお屋敷で

ゆったりと時の流れを感じながら過ごさせていただきました

へき亭鉢、人参が甘くて柔らかくて…優しいお味でした[E:heart]

 

隣のお部屋には

Img_3263Img_3262

 

 

 

 

歴史を感じますね

 

Img_3264

女将のブログに

青もみじが綺麗…とあったので

それも楽しみ…

 

 

キレイでした~                 

Img_3266

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3265

 

紅く色づく紅葉もいいけど

この緑色、爽やかでした

爽快でした

Img_3272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

Img_3267Img_3268  

 

 

 

裏木戸もなかなか味があります

その昔、何人もの人がくぐった勝手口

使用人の人達が忙しく出入りしてたんでしょう

ふと、江戸時代にタイムスリップしそうな門でした

 

私が江戸時代に生きたとしたら…

下働きの女中かな~[E:run]

主の目を盗んで、お饅頭パクリ[E:sign01] とか

おひつに残ったご飯でオニギリ握ってパクリ [E:sign01] とか

一人だけ肥えてる女中…

奥女中にはなれない 太女中やと思います (笑)

 

Img_3285

 

 

 

 

 

 

 

 

この道はお屋敷と京を結ぶ道

京からの帰り

この石垣土塀を見て

「あぁ~、やっと着いた~ !」 と思わはったでしょうね

 

へき亭の女将さんは、ほのぼの優しい方でした

武家屋敷やし、格式高くお堅い人かな~と思いきや

普通のおかあさん、気さくなおかあさんでした

 

帰りがけ

来週の土曜日 木霊鎮めの式のお誘いを受けました

お庭の中心にある枯れた黒松

Img_3276

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢100年余り、二年前に枯れるまで

明治・大正・昭和・平成を生き抜いた黒松を 

来場者でのこぎりを引き、土に返すそうです

音楽に載せた舞の奉納もあるようです

             行ってみたいけど…残念ながら…

 

 

 

『早起きは三文の徳』  (早起きでもないか…)

 

        ええとこでしたよ~~~[E:happy01][E:scissors]

 

 

帰り道

Img_3291

 

保津川下りの船

嵐山からの帰りは

トラックに乗って…

 

 京の今昔・・・でした

 

 

 

最後までお付き合いありがとうございます

  ↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

にほんブログ村

行列の出来るおうどん屋さん

 京の今日は夕方からパラパラ[E:sweat02][E:rain]

 

とうとう今年も一ヶ月を残すのみ

今日から12月、師走に突入してしまいました

   京はすっかり冬、底冷えの冬

寒い時には温かいモンがいいですよね~

と言うことで、

今夜は京のおうどん屋さんを紹介します

 

先週の土曜[E:maple]

南禅寺を出て、清水寺のライトアップに行く前のこと…

「お腹 空いてきたな~」 「ほんまやな~」

  暗くなって気温も下がり

  温かいものが恋しくなって

岡崎通の、岡北さんへ行くことにしました

ここは、[E:tv]でも取り上げられいつも行列が出来てます

お昼[E:bus]で通った時、長蛇の列やったしちょっと考えたけど

  一度は食べてみたいな~

と、行列覚悟で岡崎まで戻りました

位置的には、永観堂の西っ側になると思います

Img_1457

 

 

 

 

 

 

 

 

これはお盆に、盆女三会で通り抜けた時の写真です

  手前がイケメン店主【山元】さんの列で

  奥のベージュのお家が【岡北】さんの列

ちょっと迷ったけど

創業70年の【岡北】 さんの行列の一員になりました[E:sign04] 

全く動かない列に

「おうどんやのに なかなかやな~

  ひょっとしたら、一本ずつ食べてはるのん違う~?」

「もぉぉぅ~、おうどんは

   ツルツル~ツルツル~って食べなアカンやんな~」

などと言いながら、 待つこと一時間

やっと温かい店内に入れました

Img_2138

 

 

 

 

 

 

 

 

     ぷわわわわわーん

お出しのいい匂いに温かさが倍増~[E:heart][E:heart]

カレーうどんも人気やそうですが

やっぱり、[E:tv]で映ってたのにしようと

   天とじうどん 1200円 を注文

Img_2135

Img_2136_2

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんのちょっと甘めで

京都にしては

しっかり目の味やけど

それはお出しがきいてるせい

        かもしれません

麺は細めやけど、少しコシも有り

   めちゃくちゃ熱くてフウフゥ~  フウフゥ~

天ぷらも衣がゴテゴテしてないのがいい[E:good]

   こちらも熱々 フウフゥ~

「これ、猫舌の人やったらなかなか食べられへんやろな~」

「待ち時間長いのもわかるわ~

             私ら、ブタ舌で良かったな~」

またまた可笑しな二人のお口 [E:kissmark] [E:kissmark]

 

[E:rvcar] なら、平安神宮近くの岡崎公園駐車場に止め

 東側の岡崎通りに面した

 『動物園側出入口』から出たら、まん前が岡北です

[E:bus] なら、市バス「動物園前」バス停から北へ徒歩2分

 

そして、冬の行列には暖かくしてお並び下さい

今時の若い女子は

    ひざ掛けやストールを腰に巻いてましたよ

昔、女子やった私はというと…

“自前のレギンス”と“自前のパッチ” を重ね履きしてても

私の立派な立派な腿が凍りつきそうでした [E:happy02]

“自前” は全くの役立たずです

本当のレギンスやタイツを

しっかり履いて並ばなあきませんよ~~ [E:smile]

防寒体制万全で行かれる事をおすすめします [E:wink]

 

実はワタクシ

寒くなってから無意識の内に “自前のレギンス”を履き

その上にまた“自前のパッチ” を履いてしまってます[E:pig]

“自前の…” は、脂100%

なので、言うまでも無く

今まで履いてたパンツがパツンパツン[E:impact] なのです(泣)

この状態で 本当のレギンスやタイツを履いたら

  パンツが入らなくなるでしょう [E:despair]

    なんとかしなアカンな~

私も岡北さんのおうどんみたいに

細めやけど、少しコシも有り 』 になりたいわ~

…そう思いながら、夜のチョコレートが止められません

今も負けそうになりながらブログ書いてます [E:wobbly]

            さて、今夜の勝敗は如何に・・・

 

 

豪邸訪問…関雪記念館

京の今日は、また猛暑日[E:sun]

強烈に暑かったです[E:sweat01]

あと二日で盆休みが終わります

また

朝日を浴びて・夕日を浴びての通勤が始まるのかと思うと

      ウ・ン・ザ・リ

せめて、暑さだけでも和らいでくれたら…

                    そう願うばかりです [E:confident]

それにしても、休みってナンボあってもいいモンですね

九日なんてアッという間ですわ~~[E:coldsweats01]

 

 

さてさて、盆女三会も終盤です

 

吉田山から下りて、神楽岡通りを横切り白川通りへ…

白川通りを上り、銀閣寺道に入ると

右手に白沙村荘 橋本関雪記念館 があります

ここは、国の名勝に指定されています

関雪は

大正から昭和初期にかけて主に京都で活躍した日本画家

なかなかのお金持ちやったみたいです

Img_1485

Img_1486  

 

 

 

Img_1487  

 

 

 

 

 

 

 

喋りながら歩いてて、ぜんぜん写真撮って無かった~(泣)

よくわかりませんが ↑ 金の鯉がいたんですよ [E:coldsweats01]

    「一匹、どれくらいするねんやろな~」

とにかく凄いお庭でした

草木に羅漢仏にお茶室に

関雪の美意識が大きく゜反映されたお庭だそうです

広いアトリエの大きなガラス戸は

大正時代のものなのでしょう

微妙にゆがんだガラスに時代を感じました

 

お庭を一周して

作品や資料・コレクションの展示室に行きました

すると、女性が黙って…沈黙で…チケットをもぎります

しかし

中に入ると一転して雄弁になる女性

販売品と展示品の説明してくれはりました

ナニ[E:sign02] [E:sign02] この差 [E:sign01]  と思いながら

まんまと、関雪の絵の絵葉書購入してしまいました[E:happy02]

 

最後に、入り口近くで発見 [E:eye]

Img_1488

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤棚の根元周りぐるっと石仏が・・・なんかいい感じ

ただ、この藤、幹がボロボロになってました…勿体無い…

 

それから、京都の「哲学の道」の桜は

関雪の妻が植栽したものが始まりで

「関雪桜」と呼ばれているそうです  

 

       ここは、Umちゃんお奨めポイントでした

 

白川通りを上ってきた時は素通りできたけど

帰りはやっぱり寄ってしまいました

銀閣寺道バス停近くのキャンデー屋さん

Img_1489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の前のベンチに座って・・・eat

      私のあずきとUmちゃんのオレンジ

ここを通ったら絶対寄ってしまいます

この日も暑かったし、よう売れてました

・・・食べながら

「スッゴい売れてるな~」 

「自家製やし、ボロモウケやな~」 [E:bleah]

そして

「パインジュースが気になるねん」 と言うUmちゃんを

「やめとき、やめとき、あの値段やったら

      どうせフレッシュや無いねんし」、と止めました

小で…ちょっと忘れましたが、50円くらいやったかな ?

メチャ安やのに、持ち帰りのボトルまで用意されてて

持ち帰らはる人がいるって事は美味しいのんかな~

止めたものの私の心も揺れました   ユーラユラ[E:heart02]

今度、通ったら一杯やってきます [E:smile]