回復の兆し

No.16

京の今日は[E:sun]

ブログ更新サボってる間に五月が終わり

前半最後の月 六月に突入[E:sign03]

そして4日には京も梅雨入り[E:rain] 紫陽花の季節になりました 

 

今、母が入院しています

 

6月22日、木曜日の早朝 6時くらいに

「お腹痛いし病院に連れてってください!」

と腹痛を訴えたそうなんですが

その時間帯は介護の方たちだけで

職員の出勤を待ってたのかどうなのか

「〇〇病院に来ています」 と連絡が入ったのが9時

そして

一般外来での診察終了後

          11時過ぎに「入院」の連絡[E:building][E:telephone]

職員さんは、単なる腹痛と軽く思ってはったようで

最初の電話の 「(施設に)帰ったら連絡します」 の言葉に

私も大した事無いやろ…と思ってたんです

ところが 「入院」 と聞かされ狼狽えつつ

午後休取って病院に駆けつけたら、母はまだ処置室でした

14時にならないと部屋に入れないらしく

施設からの リクライニングが出来る車椅子に乗ったまま…

母は前回の胆嚢炎の時より元気がなくしんどそうで

そのうち震えがきて寒気もきて…

それでも毛布くれはるだけで14時半過ぎまで

そしてCT検査の後、病室に入ったのが15時過ぎてました

 

外来での所見は 

お腹に水が溜まってる…腸炎→腹膜炎 ???  

その後の検査の結果、お腹の中の水は

膀胱に穴が空いて、そこから漏れた尿と判明

時間の経過と共に

体に細菌が感染し血液の中で増殖し敗血症になってました

 

【敗血症】は、兄の死の誘因でもあり

入院の日は、兄の百か日(26日)の4日前でもあり

 

母の血圧は70を切り、いつ急変するか分からないと言われ

兄に    「なんでなんで~ ?」 

       「まだ連れて行かんといて~ !!」 と訴えました

 

 

----以下、今回の記録として書き留めておきます----

 

処置は血圧を下げるお薬と抗生物質とカロリー摂取の点滴

血圧は、木曜の入院当初の68から

      土曜には、74…酸素マスクが取れて管だけに

25日(日) 

一日早い百か日、お墓の前で兄に語りかけました

   「おばあさん、そっちにいったら またうるさいで~」

   「今は静かやろ~うるさなってもええの~ ?」 と…

そしたら…

26日(月) 兄の百か日当日には 血圧111に[E:up]

28日(水) 酸素の管不要に

29日(木) 血圧安定し、血圧の点滴不要に

30日(金) 消化器病棟から泌尿器科病棟へ

        やっとおかゆと刻み食

     ・

     ・

     ・

6月6日(金) 抗生物質の点滴が外れる

 

というわけで、母は85歳にして危機を脱し

私も、やっとホッとさせてもらいました

後は、尿道の管… これが難問で

母の特養は尿道カテーテルのままでは看てもらえません

でも、母は帰りたいと言うし…

新しい施設に入れるのも可哀想やし…と悩むところです

昨日、主治医から経過説明を受け

膀胱の穴も塞がってるようなので

一旦、尿道の管を抜いてみて、熱が出ないか様子を見て…

ということになりました

後は、母の膀胱を信じるしかないです…

 

今回の母の病因は 『膀胱破裂』

 

1995年(平成7年)1月17日(火)

神戸の震災の朝に子宮がんで入院した母は30日に手術

子宮は勿論、リンパ球まで全摘し

その後は放射線治療まで念入りにしてもらいました

どうやら、その放射線の副作用が膀胱に出たようです

今頃になって、膀胱が固くなって裂るって・・・

長い年月…母の体の中に残ってたんですね

Dr. 曰く

昔の放射線はコバルトといってそういう服作用があった と

(今の放射線はそういうことは無いそうです)

当時、放射線治療のしんどさを目の当たりにしていた私は

85歳になって、それが原因でまたこんな目にあうとは

母が可哀想で、この事は伝えられません

ただ、「膀胱が弱って破れてたんやって~」とだけ言ったら

 「そうか~、年いったらエライことになるねんな~」 と。。。

 

母の回復は

母の生命力もあったと思いますが

父と兄が守ってくれたんでしょうね

そして

「うるさいのん かなん」 「もうちょっと静かにしといて~」

そんな父と兄の声が聞こえてきそうです [E:coldsweats01]

はいはい、そう言うことなら

私はもうしばらく この五月蠅さを楽しませてもらいます~

                  父と兄にありがとう~~~[E:heart]

こんなこと言うと

母の[E:kissmark] どんだけ~~~[E:sign02] って思われるでしょうね

母は、血圧が70切ってる時も

看護師さんとの受け答えも長々と丁寧で

「こんなに血圧低いのに

 これだけお喋り出来る患者さんも珍しいです」 と。。。

  

    天晴れ[E:up] わが母[E:sign03] 

 

それと、泌尿器科に移った日

看護師さんが

「今日はナースステーションにしばらく居てもらったんですよ」

そして母のことを

「素敵ですよね~」「素敵やわ~」 と言ってくれはったんです

私は

「え~~ ? 」 「素敵ですか ? 」 「そうですか~ ?」 と[E:happy01]

でも、85歳の母にとっては嬉しい言葉、最高の褒め言葉デス

母は、はにかみながらもニコニコ満面の笑み [E:coldsweats01]

気分にムラもあるけど

今はきっと母なりに気を遣ってるのかな~って思います

私は、こんなこと言ってくれはる看護師さんこそ

         “素敵”          やと思いました

 

母は、おかゆが食べられるようになってから

昆布の佃煮(塩昆布)が食べたいと言い出しました

それでは !!  と

実山椒と昆布を買ってきて生まれて初めて炊いてみたら

Img_6466

 

これがまた

自分で言うのもなんなんですが最高の出来[E:good][E:smile]

母に細かく刻んで持って行ったら絶賛でした

毎日、18時、 看護師さんの目を盗んで

梅干しの潰したんと交互に持って行ってます

    母の「美味しいわ !」 という声が聞きたくて・・・

そろそろ今日あたりから普通食になりそうです

 

このまま、また元気になってくれますように・・・[E:confident]

 

 

 

 

長くなりました…

最後までお付き合いありがとうございます

   ↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

にほんブログ村

この記事へのコメント

  • バンビーノ

    チョイ甘さん
    お母様大変でしたね。更新がないなと気になっていました。
    お母様の生命力もだけど、やっぱりお父様お兄様が守ってくれたんでしょうね。
    まだまだチョイ甘さんのそばにはお母様が必要なんだって[E:heart04]
    もっともっとお母様には長生きしていただかなきゃね[E:heart04]
    お母様早く良くなりますように。
    2014年06月08日 21:09
  • wadachi

    ブログが更新されないので気になっていました。
    まさかお母様が入院なさっていたとは・・・
    まだ入院中とのことですが
    危機を脱してよかったですね。
    お兄様が亡くなったばかりなのに、お母様まで・・・なんてことになったらショックすぎますもん。
    どうぞこのままお元気になられますように。

    私の母は今年83歳になりますが、さすがに病院通いが増えてきたようです。
    とはいってもまだまだ元気な方かなと、会うたびに思える私は幸せ者ですよね。

    3月に義母、4月に義兄と連続して身内の葬儀があり、
    なおさら母にはもうちょっと頑張ってもらわなくっちゃと思っている次第です。

    チョイ甘主婦さんのお母様もまだまだ頑張ってもらわなくっちゃね!
    早くよくなりますように[E:shine]
    2014年06月08日 21:19
  • チョイ甘主婦

    バンビーノさん、ありがとう~
     
    そうですね
    父と兄が守ってくれたと思います

    命が危ない時 
    特養ての別れ際
    いつも笑顔で手を振る姿が目に浮かんで
    もっともっと
    まだまだ、あの笑顔を見ていたいと思いました

    今は毎日、ベッドで手を振ってくれてます

    バンビーノさんの優しいお言葉、身に沁みました
    母も元気になってくれると思います
    2014年06月08日 21:34
  • wadachiさん、ありがとう~
     
    ホントに良かったです
    入院した日の夜
    当直医師から電話があり
    「…急変するかも…延命は? 心臓マッサージは ?」
    と聞かれました
    急変してからでは遅いと、泊まろうと駆けつけたら
    母は以外と気は確かで
    私が泊まったら余計気にするかと帰ったことも…
    「なんで呼びに来るの~ !」兄に怒ったこともありました

    wadachiさんの義兄さんもてしたか…
    兄と同じくらいの年齢でしたね
    哀しみ事が続いてたいへんでしたね
     
    wadachiさんのお母様、娘夫婦とお出かけもできてお幸せです
    もっもっといろんなとこに連れていってあげて下さい
    足腰が弱るとどこも行けへんしね
     
    wadachiさんの優しいお言葉、母に伝えます
    母も元気になってくれると思います
    2014年06月08日 21:47
  • きっしぃ

    お母さま、とっても大変だったんですね[E:crying]
    それにしても・・・素晴らしい生命力ですね
    看護師さんも認めて下さる素敵なお母さま[E:heart02]
    どうか、1日も早く退院が出来ますように
    佃煮を美味しく食べる日が早く来ますように[E:up]
    2014年06月08日 21:58
  • チョイ甘主婦

    きっしぃさん、ありがとう~
     
    今度ばかりは、もうアカンかと思いました
    敗血症を克服しての奇跡の復活を無駄にせず
    まだまだ、もっともっと頑張って欲しいです
     
    今日は叔母が作った山蕗入りの昆布と山椒の佃煮を
    とっても美味しく食べてました
    でも、塩分が気になるしちょこっとだけ…
     
    きっしぃさんの優しいお言葉に励まされます
    母も元気になってくれると思います
    2014年06月08日 22:12
  • KAGOME

    チョイ甘先輩!

    お母様、大変でしたね。。
    お父様とお兄様が守ってくれたんですね。
    早くお元気になられる事を祈ってますね。
    2014年06月09日 00:36
  • チョイ甘主婦

    KAGOMEさん、ありがとう~
     
    はい
    きっと父と兄が守ってくれたんやと思います
    子供は別にして
    たった一人の肉親やからね
    まだわかれるのは嫌やし、元気になって欲しいです

    ひよこっち、ありがとうね~
    2014年06月09日 00:44
  • のえママ

    読んで驚きました。

    初めて聞く病因、それも20年ほど前の副作用って。。。
    その日、急に大きく裂けたんですか?
    それとも何日も前から徐々に?
    もし徐々にやったら お母様の事ですからちょっと具合が悪くてもずっと我慢してはったんとちゃうんでしょうか。。
    芯の強い年代ですもんね。

    何においても痛いときには痛いと言ってくれる方が早く対処出来ていいんですけどね。。。

    お元気に戻られてるみたいなので[E:kissmark] (*^^*)
    このままスムーズに事が運ぶといいですね。

    佃煮、喜んでもらってよかったですね[E:note]
    それに食欲のあるのが一番[E:good]
    2014年06月09日 20:13
  • kei

    更新が無いので、気になってました 待ってました・・・お母さん頑張りはりましたね 良かったね   うちは、1ヶ月入院しました 心配、不安の連続です     いくついなっても母は『おかあちゃん』笑顔は昔と変わらない ほっとしますね
    2014年06月09日 21:15
  • チョイ甘主婦

    のえママさん、ありがとう~
     
    放射線はガン細胞をやっつけるくらいやから
    その威力は想像以上なんでしょうか…
    私もそんな副作用があるなんて当時聞かされてもいなかったし…
    先生は、過去にそういう治療を受けてるならそれが原因かと…

    正常な膀胱は尿が溜まると膨らんむけど
    母のは固くなって膨らまず裂けたみたいです
    写真で見た影は小さいのんが三・四ヶ所
    穴みたいな感じでした


    そういえばそうですね
    我慢してたんかな~
    でも、母はけっこう自分の体には敏感な方で
    ちょっとおかしかったら言ってると思うんです
    そやし、私は6時頃に急に痛くなったとばっかり思ってたけど
    もっと前から異常を訴えてたかも…
    今となっては確かな事はわかりませんね

    佃煮のお陰で食欲はあります
    ただ、尿道カテーテルがなかなかで…
    2014年06月09日 21:48
  • チョイ甘主婦

    keiちゃん、ありがとう~
     
    母の生命力は凄いです
    ホンマにもうアカンかと思ったけど
    蘇ってくれました

    お母さん、退院しはって良かったネ
    気になってたけどなかなか聞けずにゴメンね

    いろいろ大変やし不安やけど
    やっぱりいつまでも母の笑顔見てたいもんね~
    お互い頑張ろうな~
    2014年06月09日 21:55
  • YUUKO

    驚きました〜 毎日 見てたんだけど 週末は 三男の運動会やなんかで 疲れてて ばててました>_<

    大変だったね お母様
    でも 良かった 良かった!!!
    読みながら ドキドキしましたよ

    やっぱり 可愛い 元気なお母様!
    お父様とお兄様が ちゃんと 守って下さったんだね
    まだまだ チョイ甘さんと 楽しみなさいって

    お母様 辛かっなろうね〜それでも 周りに気を使い 頑張って!
    本当に 前向きな素敵なお母様です

    そして 優しいチョイ甘さん!
    愛情いっぱいの昆布〜美味しそうです
    チョイ甘さんも 無理しないで(私は 最近 無理が効きませんσ^_^;) 頑張ってくださいね(^.^)

    お大事にね(^-^)/
    2014年06月10日 21:05
  • チョイ甘主婦

    YUUKOさん、ありがとう~ 
     
    ドキドキさせてごめんなさい
    ほんとに私もハラハラ・ドキドキの数日でした
    血圧低くても喋ってたし
    話が出来るうちに
    叔父や叔母にも会っといてもらおうと電話しました

    今となっては取り越し苦労・早とちり ?
    そんな言葉で笑っていられて良かったです
    改めて人間の体って凄いな~って思いました
    医学の力もあるけど
    あの歳で、菌をやっつけて傷を修復するって…ね

    そんな中、母も
    YUUKOさんみたいに私の事を心配してくれてました
    「私は丈夫やし~ホラ !」そういって
    いくよくるよみたいに、お腹をポンポンって叩いたら
    「ほんまや ! ええ音してるわ~」と笑ってました
    丈夫に生んでくれて母に感謝です(^_-)

    TUUKOさん
    更年期なお年頃なんかもしれへんね
    私はいつの間にか通り過ぎたみたいやけど(笑)
    無理せんと
    ちょっとおかしいと思ったらゆっくり休んでネ
    2014年06月11日 02:02
  • YUUKO

    チョイ甘さんが 大変だったのに〜
    私の心配までしてくれて ありがとうね(o^^o)
    そうだね〜ゆるりと行きます(^.^)

    いくよくるよ さん(爆笑)
    懐かしい〜お母様とチョイ甘さんの やりとりが 手に取るようにわかります

    良かった良かった!
    お兄様のこともあった後だし 慌てて当たり前だよ
    よく 頑張ったね〜

    後は 元気なお母様と病院の方々を信じて 頑張って下さいね^_−☆

    忙しいのに 私のたわいも無いブログにコメントを頂いて ありがとうねσ^_^;

    お母様の一日も早い全快をお祈りしています♡

    お返事は いいですよ❗️わかってるから!
    2014年06月11日 09:45
  • チョイ甘主婦

    YUUKOさん、ありがとう〜

    今、休憩中です。
    ありがとう〜元気でました
    頑張りますネ(-_^) iPhoneより
    2014年06月11日 10:28
  • たまりん

    大変な時期があったんですね~~
    私も昨年末に86歳の父を亡くして
    同じ様な状況を経験しました。
    いつまでも元気でいて欲しかったのですが・・・・・
    終末期の父親を見ながらもっとやれる事があったのでは・・・・・
    まだ、やれる事があるのでは・・・・って随分心が揺れました。
    お元気になられたお母様にしっかり親孝行してください。
    今でも、まだ父は病院にいるような気がしてます・・・・・
    2014年06月17日 22:28
  • チョイ甘主婦

    たまりんさん、ありがとう~

    お父様、昨年末でしたか…まだまだお寂しいですね
    私も7年前に父を送りました
    一周忌を迎えるまで、思い出しては泣いてました
    何もできなかったことが悔やまれて…

    父の分まで母には長生きして欲しいし
    父の分まで親孝行したいと思います
     
    たまりんさん
    コメントに気づかなくてごめんなさい
    これに懲りずにまたきて下さいね
    それから
    たまりんさんのブログに飛びたいけど飛べません…ブログタイトル教えて下さ~~い
    2014年06月24日 02:28

この記事へのトラックバック