水無月食べて…

 

6月30日(木)

 

京の今日も暑い[E:sweat01] 暑い[E:sweat01]

午前中は強烈な日差し

今年初めて日傘を差しました [E:sprinkle]

            (緑↑じゃなくベージュです)

ただ午後は

曇ったり…かすかに雷さんが鳴ったりパラッときたり

今日は猛暑日やなかったんかな~ ?

 

 

アララララ[E:sign01]

今日で6月終わってしまいました[E:end]

お正月からもう半年過ぎたんですね

  ナンボ速いノン [E:happy02][E:dash][E:dash]

  信じられへんくらい速いです [E:happy02][E:dash][E:dash]

 

六月の最終日の今日、三十日に

       京では【水無月】を食べます

Sn3j0581_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

ういろう生地の上に小豆がのった三角形の和菓子

~~ そもそも

京では6月30日に「夏越しの払え(なつごしのはらえ)」といって、暑い夏になる前の穢(けが)れや災いをはらう神事が行われます。
このお菓子は、古来より、その6月30日に、食べるもの。京都の人々が、厄をのがれ、夏を迎えようとする気持ちを込めて食してきたものです。
白い外郎(ういろう)は氷をあらわし小豆は、魔よけの力を持つ邪気を払うものとして載せています。また、三角の形をしているのも、魔よけ、厄病よけ、の意味が込められているのだそうです。                     

                     ~~

 

今年の【水無月】は、錦の畑野軒の白と抹茶

【水無月】 食べてこの半年の罪や穢れを祓い

    邪気を祓い  暑気を祓い

      残り半年の無病息災を祈願しました [E:happy01]

 

 

今日は年休取って娘とブラブラ[E:bag] [E:bag] 

   そしてまた美味しいお店で[E:restaurant]

       詳しくは明日のブログで・・・ [E:delicious]

 

 

 

 

 

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック