「わきげ」ではなく『わけぎ(分葱)』の里帰り

京の今日は
最高気温 24.3℃

今日も実家へ出動デシタ
毎回・毎回 蔓延る根っ子と戦ってます
隣のタケちゃんに根っ子を見せて
「これ、何の根っ子やろ?」と聞いたら
「ススキや」と…
夫もススキってゆうてたのに信用してへんかった私…
タケちゃんに聞いたんやな~ そしたらホンマか

しかし、ススキの根っ子は凄いです
縦横無尽、四方八方、そして奥深く縄張り広げてる…
頑張っても頑張っても なかなか捗らず…

合間に 通りがかったタカ子さんとお喋りもし
最後は
「〇〇食べる?」「食べる食べる」
とか
「〇〇いらん?」「もらうもらう」
でend

で、今日は
タ「〇ーちゃん、分葱植えるか~?」
私「植えた~~~い」
タ「ちょっと待ってや~」と言われるがまま待ってると
植え終わって余った球根の山を手に
タ「これな~ こうして・・・こうして・・・」
植え方を伝授した後は母のはなしになる…

タ「おばちゃんがな~(母のことです)
 分葱はタダでもろたらアカンねん。
 1円でも払らわなアカンねん。
 私が ココにほかすし タカ子さん拾い
 そしたらもろた事にならへんやろ~
 そうゆうて おばちゃんウチの畑にポーイとほかさはってん
 その苗がコレや」
私「へぇ~ そうなんや」
私「そしたら、私もタカ子さんほかさはったとして
  今、拾いました~
タ「そうそう
「分葱の里帰りやな~~~
タ「ホンマやな~~~

母がかつて育てた分葱が
タカ子さんの畑で生き続けてたとは…
なんか チョッと嬉しかったデス
タ「おばちゃんに色々教えてもろたわ~」
と懐かしんでくれはるタカ子さんに
私「タカ子さん、次は私に教えてや~~
  師匠と呼ばせてもらうわ~」
タ「師匠やなて そんな~~

母が家を後にして10年
母の “農ハウ” を受け継いでくれてはるタカ子さんに師事して
私も野菜育てたいと思いました

タカ子さんが捨てた分葱の球根
一番隅の方に植えました
IMG_2752.JPG
この後、土を被せました

ええとこ取りした残りは返してほかしてきました
IMG_2753.JPG

そしてそして 25年ほど前
娘に買い物頼んだときのこと…
「おかあさん、ネギの横にわきげが売ってたよ~」
「ん?  わきげ?? ってか~~」
 それは わきげ ちごて わけぎやろ~~

娘の可愛いオモロイ読み間違いでした


2020.10.6 今日も最後までお付き合いありがとうございました
↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ