新聞紙と落とし紙

京の今日は
最高気温 13.1℃

日曜の暖かさは幻か~~
あの春の陽気からすると、今日は真冬
三寒四温は覚悟してたけど
今年の寒暖の差って激し過ぎる気がするなぁ~~


本日のブログタイトル
 若者は ???  
 私ら世代以上は「あぁ~」

3/3 火曜日 友達とのLINE
鼻.jpg
その時の正直な私の感想は
  ええぇぇぇ並んだんや~~

心無いデマにより 店頭から紙類がなくなったのにはビックリでした

3/8 日曜日  スギ花粉ピーク💧 
鼻かみすぎて鼻の下がヒリヒリ
トイレットペーパー・ティッシュの棚はスッカラカンとは知りつつ
ネピア鼻セレブならあるかと思いドラッグストアに行ったら
鼻セレブの入荷予定はありません」とのこと・・・ガックシ

翌 3/9月曜日
仕事帰りの途中下車でマツキヨの店頭に鼻セレブ発見
IMG_0230.JPG
1人一箱・・・やっとGET
なんぼ かんでも痛ない~~
『知らなければ良かった鼻ざわり』
このキャッチコピーに一票入れます
気分はセレブざました

3/18水曜日
その鼻セレブも底をつきました
3枚重ねが130組…1人で使って10日の命

3/21土曜日
買い物ついでに寄ったキリン堂で
エリエール 贅沢保湿(400枚200組) 3箱セットをGet
買ったところでスギ花粉も終盤…鼻をかむ回数も減りました

話が鼻の話にそれてしまいましたね
今日の本題に戻ります

先週くらいから
仕事帰りでもトイレットペーパー見かけるようになり
買いだめ騒動も やっとおさまったようです

その騒動の最中
オープン前から行列に参加した友達の自白 オモシロ報告を…
前のお婆さん達が
 「昔は新聞やったな~」
友達
 「私は、もうちょい『落とし紙』世代…」
       

懐かしい~『落とし紙』
『落とし紙』を知らない若者たちの為に…

 『落とし紙』とは
  下水道(浄化槽を含む)が普及する前
  汲(く)み取り式だった頃のトイレ用の紙
  やわらかい四方20センチほどの白い薄い紙を重ねて使用
  使用後は、そのまま便槽に「落とす」(捨てる)ので
    『落とし紙』と呼ばれた

私が小さかった頃、トイレは木造の和式
木の床を切り抜いて前方に木の板が…
いわゆる ぼっとん便所
側の木の箱に『落とし紙』が入れてあって
その横に新聞紙も置いてました(祖母用やったか…)
『落とし紙』の無い時代は
新聞紙を揉んで柔らかくして使ってたんです

実家も
そののち、陶器の便器になり
洋式の簡易水洗になり…ウオシュレットになり…

新聞紙を揉んで使ってたお婆さんたちが
寒さに耐えトイレットペーパーを買うために開店前から並ぶ…

  お元気で何より なお話でした


定年までのカウントダウン
2020.3.24 今日も最後までお付き合いありがとうございました
↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ