新緑の頃に訪れたい旧邸御室

京の今日は…朝は時雨れ 午後から 最高気温 9.6℃

冬真っ只中のこの時期に
なぜか新緑を引っ張り出してきました

季節外れやと思ってても
そのうち 寒さが和らいで
ゆうてる間に 春になって
ちらりほらりと 桜が咲いて
葉桜になったら新緑の季節
そして初夏・・・

ほーら、アッとゆう間でしょぉ~

去年、2018年
第43回「京の夏の旅」キャンペーンで公開された旧邸御室
期間は、7月7日~9月30日 でした

最終日の30日は 台風24号接近に伴い閉館…
私達が行った29日が最終日となり、ギリギリセーフ


旧邸御室 (きゅうてい おむろ)
IMG_1965.JPG

平成28年秋、国の登録有形文化財に指定
IMG_1967.JPG

昭和初期、約500坪の敷地に建てられた数寄屋造りの邸宅
IMG_2010.JPG

玄関から左へ続く石畳
IMG_1969.JPG
これは鞍馬石。今は採石が禁止されている幻の銘石


その先で、大きな立派過ぎる灯籠がお出迎え
IMG_2008.JPG
敷地内には大小15の灯籠あり


この邸宅は設計者や建設目的は不明
昭和44年、現オーナーの父である山本三夫が購入しました
山本三夫は株式会社山三製材所社長
当時住居として所有していたのは大手酒造会社役員、4代目阿部喜兵衛氏
4代目阿部喜兵衛の祖父は
朝の連続テレビ小説『マッサン』のモデルで話題になった竹鶴政孝氏を
スコットランドへ送り出したことで知られています


双ヶ岡の自然の地形を生かした庭園も見事です
IMG_1983.JPG

ここにも立派な鞍馬石が…
IMG_1984.JPG

大広間にある富士山をかたどった欄間
IMG_1981.JPG

開放感ある大広間に置かれた花梨の一枚板の机
IMG_1976.JPG

美しい緑が映る「庭鏡」はまるで緑の海のよう…
IMG_1979.JPG
↑ これは必見!


洋間にある天井画
IMG_1999.JPG

茶室も
IMG_2005.JPG

縁側の天井は網代天井
IMG_1992.JPG



旧邸御室は仁和寺の山門を南へ下り
IMG_1952.JPG
嵐電・御室仁和寺駅から歩いて数分の閑静な住宅街にあります

今年の初夏は
妙心寺や仁和寺に御室邸の「庭鏡」を加えた京ぶら
計画してみてはいかがですか~

2019.1.22 今日も最後までお付き合いありがとうございました
↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ