ヒーローの耳

京の今日も涼しい夜
ここんとこ、裏(東)から涼しい風が入ってきて
エアコン要らずの夜は快適

8月、アッという間に終わってしまいましたね
暑い暑い8月でした
お盆休み明けの10日間は 特に暑かった~~
朝、駅まで日傘を差して歩く事10分
ホームに立ったらタラタラ
ハンカチ出してふきふき
拭いても拭いても流れ落ちる

「新陳代謝良うなったんかな~痩せるかも~」
私の言葉に
「それは無いナイ」と誰かが言った(笑)


一昨日(2日) から
夜中に洗濯干しに裏に出ると
ジ――――― ジーーーーーー  ジ―――
     虫の声~~

九月に入った途端、から秋の名も無き虫
陸上リレー男子に負けず劣らずの完璧なバトンパス


そして、昼間の日差しは名残りの夏
そろそろ休憩かと
仕事の手を止め職場🏢の窓から外に目をやる
空気が澄み切って京の北の山が鮮明に…
    四季の移ろい
残暑の中、確実に時は進んでます。。。秋にむかって



ではでは本題に入ります
今日は又もやヒーローネタです

可愛い可愛いとアップして早11か月
今月末には1歳になるヒーロー
2回の発熱も心配したけど
実はその前に
ちょっとした異常が発覚!
今年1月末からその治療が始まりました

みなさん
埋没耳ってご存知でしょうか

埋没耳とは…

袋耳ともいって

耳の上半が側頭部の皮膚に埋もれ込んだ状態をいいます

指でつまんで引っ張り上げることができますが

指をはなすと元に戻ってしまいます

埋もれている部分の軟骨には

頭側に折れ畳まれたような変形があります

片側性のことも両側性のこともあります

発生頻度は出生比0.25%前後で比較的多い疾患です

発生原因としては

耳後面の筋肉の異常によるとする説が有力です

耳の後面にいくつかの内耳介筋といわれる筋肉があります

イヌなどで遠くの音を聞く時に耳介を立てることができますが

まさにその筋肉の作用によるものです

ヒトではほとんど退化していますが

耳の形状維持に関与しているとされ

これらの筋肉の異常により変形を生じる・・・


確かに生後まもなく

「あれ??? こっち(右)の耳 えらい小っちゃい」

と思いつつ

  音にも反応するし形は仕方ないか~

  これがこの子の耳なんやな~

          と思うようになりました

それより

左耳にポツッとあるイボ状の突起

こちらは生まれてすぐから気になって

娘も一週間検診・助産師さん・一ヶ月検診で

何度となく相談…


でも、婿さんがやっぱり右耳も気になる…

「右耳も診てもらお !」 ということになり

一月末

近隣の老舗の産婦人科 (娘曰く)で

週一 大学病院から来られる形成の先生に受診

娘はそこで

「埋没耳」 と言う言葉を初めて聞くことに…

 一人で心細いやろな~

 近くにいたら一緒に行ったのに…

 何も出来ず気をもむだけのおぶーでした


埋没耳の治療としては

   埋まった耳を引っ張り出して

   戻らないように装具で固定…


Dr.自ら、ヒーローの耳に合わせて

クリップで装具を作成

痛くないようにビニール製(?)のチューブを通して

ハイ、完成!

IMG_5740.JPG

  これから半年間これを耳に装着すべし!

  お風呂の時は外して良し!

もちろん受診の度に耳の成長に合わせて

装具は作り直し



そして、左耳のイボは

それまで手術と言われてたのに

糸で縛って除去する法を提案 → 即実行!



診察後送られてきたLINE の画像 

IMG_5739.JPG

   耳が皮膚に埋もれ

   引っ張っると出てきて離したら戻る



何よりの救いは

ちゃんと耳は出来ていて、引っ張ったら出てくる事!

二月末に帰省した時には

埋もれてた耳も取りあえず出てたし

イボも小さくなって、それほど目立たなくなってました


それでも右耳は、戻らないように装具は離せません

  入浴前にテープを外して装具を取る

  お風呂上りにはまた装着しテープを貼る

ヒーローも月齢浅く嫌がらなかったことも幸いでした


一月末・4ヵ月目から始めた装具装着は

六月末・9か月を迎える頃まで続けました


その後、ヒーローも とうとう違和感を感じ始め

耳に手がいくようになり昼間は断念


七月初めに帰省した時は、盛んに耳を搔いてました

なんでもそやけど

  早期発見・早期治療


一月末・二月末・四月末・七月末…

今度は十月末に経過観察


30年前

娘が一ヶ月過ぎた頃

臼蓋形成不全が発覚し

四月・五月・七月・十月…その半月後経過観察

国立病院の石田Dr.の

リューベンビューゲル装着療法のおかげで完治しました

この時も

   早期発見・早期治療



「うちの子の耳、ちょっと変かな~」

と思ってはるお母さん!

少しでも早く形成外科を訪れて下さい

ヒーローの埋没耳は治りました

埋没耳のままでは

大きくなった時

メガネやマスクを掛けられません

赤ちゃんのうちに治してあげて下さい

装具も、病院によっては装具屋さんと提携して

ヒーローみたいに簡易的なものではなく

スポンジ製であったり 色々で

装具屋さんによって価格もまちまちとの事です


ヒーローのDr.は手先が器用やったんかな~

チョチョイのチョイの手作り装具

いい先生に巡り逢えたことにも感謝です



ヒーローの耳

今はちゃんと出たままです

IMG_5782.JPG

Dr.的には

「もうちょっとクイッと出て欲しい」 

でも

父ちゃんも かあちゃんはこれで満足・一安心

おぶーも満足・一安心


かあちゃんも 良く頑張りました

父ちゃんの後押し、これにも感謝デス




子供を育てるってホンマに大変

悪戦苦闘しながら我が子と共に親も成長

そこに絆が生まれてくる

その表れの一つが母親の後追い


ヒーローも11か月目を前に

かあちゃん後追いのギャン泣き始まる


信頼の証し・成長の証し

とは言え、母にとってはしばらく大変

でも、それも母の喜び♡として

しばらくは家事は手抜きで

ヒーローに LOVE注入! (どこかで聞いたセリフ)


              な!  かあちゃん






最後までお付き合いありがとうございました

   ↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ