優雅に京ぶら 夏を先取り

No.17

京の今日も文句なしの晴れ[E:sun]

京では昨日 1日

気温もぐんぐん[E:up][E:up][E:up] 今年初の真夏日となり

夏の風物詩、鴨川の納涼床が床開きしました

   

そして、今日2日は立春から数えて88日目

     [E:note]  夏も近づく八十八夜 [E:note]

アッとというまに五月、お茶摘みの季節で~~す[E:club]

私はというと、

29日から8連休のGW真っただ中[E:sign03]

娘も婿さんと29日夕方から帰洛[E:car][E:dash][E:dash]したものの

娘は仕事の都合で今朝、早朝京を発ちました[E:bullettrain]

婿さんは8連休やのに後を追って明日3日愛知に[E:car][E:dash]

そして、GW明け数日後には待ちに待った新婚旅行

     スペインに旅立ちます[E:airplane]

昨日も「早いな~もう半年経ってんな~」 と話してました

二人はとっても仲良し[E:heart04]デス

私って…こんな時あったっけ[E:sign02]

    思い出しても出てこない過去の記憶・・・

                  あぁ~ あれから三十年(笑)

 

ということで里帰り中の娘と

4月30日木曜日、例のごとく優雅に [E:run][E:run]

          京ぶらで夏を先取りしてきました~[E:notes]

今回は京都市の西っ側を新緑求めてぶーらぶら

 

まず最初は

阪急電車上桂から西へ西へ、地蔵院に向かいました

Img_9443

正面に立つと思いっきりの緑  

Img_9444山門が見えてきて

Img_9445門をくぐると

Img_9446竹林の青竹色に心癒され

Img_9452楓の新緑が眼を癒してくれます

 

本堂をお参りして右に進むと方丈があります

地蔵院は

南北朝時代の貞治六年(一三六七)

細川頼之公が建立された寺ということで

方丈には細川護煕元首相による襖絵がありました

枯山水庭園(十六羅漢の庭) には

樹齢推定300年の見事な胡蝶侘助の木があって

3月中旬から下旬をピークに

白にピンクの斑入りの小さくて可愛らしい花が

木いっぱいに咲くとのこと…

その頃、絶対再訪しようと心に決め

竹林と新緑と苔の緑を目に焼き付け

                 地蔵院を後にしました

Img_9453

衣笠山地蔵院は落ち着いたとても素敵なお寺でした[E:good]

 

そこからは北へ向かって [E:run][E:run]

 

次の目的地は、通称 鈴虫寺

 妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)

八代目住職 台巌和尚が鈴虫の音に開眼し

28年の歳月をかけて、卵の温度を厳密に管理

時期をずらして孵化させる方法を研究し

一年中鈴虫の鳴く寺として有名になりました

今では5000匹[E:sign02]   ま、それくらいいるみたいです

私の父も毎年毎年 100匹近く孵化させてたので

鈴虫の音色を聞きに父も京ぶらに付いて来てたかも

                     なんて・・・ [E:confident]

 

鈴虫寺到着[E:sign01]

Img_9459

この石段を登りきると

Img_9461

山門があり

山門の手前左手にお地蔵様が立っておられますが

先の列に続けと、そのまま中に入りました [E:coldsweats01]

Img_9462

向こうの建物までズラーリ。。。法話を聞くための列です

法話が2・30分…なんやかやで40分毎の入れ替えを

ちょうど運よく山門の日陰で待つ事が出来ました

 

200人収容の書院に入ると

正面にズラリと鈴虫の飼育箱が並び

リーーーん リーーーン と涼しげな音色[E:notes]

  撮影禁止の札(鈴虫だけかもしれません[E:danger])

テーブルには[E:japanesetea]と『寿々むし(すずむし)』という落雁

落雁には黒い赤紫蘇の葉が混じってて

「その黒いノンは、鈴虫の死骸を細かくして入れてます」

と、説法の途中でご住職の冗談が入ったり

学生時代は落研か~と思うくらいのシャベクリに

向かいの一二年生の男の子も大うけで笑うほど…

でも、気が付けばウトウト居眠り…子供は正直デス [E:coldsweats01]

その日の説法は 『 冷暖自知 』 

他人から言われなくても、自分のことは自分で分かること。 水が冷たいか温かいかは、飲めばおのずと分かる意。     「冷暖(れいだん)自(みずから)知(しる)」と訓読する。

  何でも自分でやってみないとわからない

  何でも自分でやってみて 色んなことを学び知る…

           冗談の中の真面目なお話でした

 

このお寺のシステムは (拝観料500円)

説法を聞いた後に「幸福御守」を購入し(300円)

お地蔵様の前で住所・名前・願い事を心の中で唱えると

お地蔵様の方から

後日願いを叶えにわざわざ家まで来てくれはるそうです

Img_9468

ほら!!  クリックで見えるかな~ 

その為にお地蔵さまは草鞋を履いてはるでしょ [E:wink]

          (ゥっ、残念見えません ゴメンナサイ)

そして、お願い事はただ一つ[E:sign01]

願いが叶ったらお守りを返しに来てお礼をしてから

次のお願いをすることができるということです 

 

それから、ご住職曰く

「GWは絶対に来ないでくださいや」 

「来るなら大雨とか台風とか嵐の日に来て下さい」 と。

話によると

ちょっと離れたバス停まで列が続くそうです[E:happy02]

こんな感じで、ココはかなり人気のお寺です

優雅な親子はお守りも買わずに

厚かましくもお願いだけして帰りました [E:bleah]

住所・氏名もちゃーんとゆうたけど、お地蔵さん来てくれはるかな~

 

 

鈴虫寺のバス停から京都バスで松尾に向かい

松尾大社にお参りしてから

近くでランチ[E:restaurant]

その後、阪急電車で桂まで行き

駅から歩くこと15分[E:run][E:run]

桂川の手前、桂離宮の南側 の  中村軒

Img_9490

ここは麦代餅が有名でを兄がよく買ってきてたんです

でも、この日のお目当ては麦代餅ではなく

           かき氷

Img_9481 

色々迷ったあげく、ココにしかない桂うりの氷にしました

ここ桂の地で

江戸時代から栽培されていた幻の京野菜 桂うり

優しいメロンの様なお味であっさりして美味しかった~[E:good]

今年初めての かき氷で夏を先取り致しました~[E:pig]

それと

Img_9483_2

         真葛野(くずきり)   コレも美味[E:good]

 

ちょうど子供の日を前にお人形が飾られてました

Img_9485

五月人形を見ながら

[E:pig]「お雛さんも長いこと飾ってへんわ~」

[E:chick]「そやな~」

[E:pig] 「家でも建てて女の子が出来たら持って行ってな~

        あれ、けっこうええモンやねんで~」

[E:chick]「ええ~  家で飾っといてくれたらええやん

    おばあちゃんち行って見ような~って

                   連れて来るやん」

[E:pig]「ええ~  そんなん言わんとぉ~~

                 持って帰ってぇな~」

京ぶらに付いて来てたおとうちゃん、せっかくこうてもろたのにな~ゴメンな~~

  

 

そして来た道戻って

阪急電車桂駅から四条烏丸に…最期は大丸

女子会のオカズを地下で買って

           娘はイソイソ友ハウスへ[E:run]

 

以上、

4月の夏日、新緑を求めての京ぶらでした

次はお盆かな~

それまで優雅な京ぶらはお預けで~~~す

 

 

 

 

最後までお付き合いありがとうございました

   ↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村