願いは通じる

No.29

京の今日は朝から雨

パラパラくらいで止みそうやったし

掟破りの傘指し運転 [E:bicycle][E:sprinkle]

だいぶ手前で、走りながら[E:bicycle][E:dash]傘をすぼめてカゴに刺し

パーカーのフード被って平然と門を入る…[E:bicycle][E:dash]

そんな事しても、しずくの付いた傘が全てを物語ってますが

守衛さんは、見ざる・言わざる[E:sign02]

でも

度重なるとお猿さんから人に進化しはるし 

                    要注意なんです [E:coldsweats01] 

 

今日は お猿さんの話…

京都府の宇治田原町というところに

         猿丸神社(さるまるじんじゃ) があります

友達のブログで初めて知って、頭の片隅にずっとありました

『猿丸さん』 と呼ばれているこの神社は 

瘤(こぶ)などのできものに霊験あらたかで

癌封じの神様としても知る人ぞ知る…らしいのです

 

6月21日

夫と二人、大切な知人の為に猿丸さんを訪れました

 

百人一首の中でも私の中に残っている歌… 

    「奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 

              声聞くときぞ 秋はかなしき」

猿丸さんは、この歌を詠んだ猿丸大夫を祀っているそうです

伝説の歌人で三十六歌仙の一人

この地は、大夫晩年隠棲の土地とも伝えられいます

Img_6607

「奥山に」・・・まさに人里から離れた山の中にありました

 

Img_6602

Img_6599

Img_6600

石段を上がった所には、仲良く寄り添った夫婦猿が…

 

Img_6595

Img_6594

Img_6593

狛犬じゃなくて 狛猿

 

Img_6592

病気が治った人がお礼に奉納した木の瘤

 

Img_6597

Img_6598猿丸太夫の歌が書かれた絵馬  可愛いお猿さんのおみくじ

 

他に 一刀彫の “身代わり猿” もあったけど

『身代わり』 っていうのはちょっと可哀想な気がして

『癌封じ』 と書かれた木箱に入ったお守りをいただき

もう一度、本殿にお願いして帰りました 

 

 

そして

あれから二か月…

大切な知人は、日曜日に退院しはりました

まだまだ治療は続くようですが

良い方向に向かっているようです

二回にわたる辛い治療中

  「お守り効いてるよ !  

       明日も明後日も握りしめて治療受けます」

  

  「お守りをお腹の上に載せて・・・

           ・・・よく効いてもらえました」

                

              しんどいのにメールくれはりました

 

一番は本人の頑張りと気力

二番目は家族の支え

そして、周りのみんなの願いと、猿丸さんのお守りさんと…

 

残りの治療も頑張って欲しいです

頑張ってくれはると信じてます

                   猿丸さんも信じてます [E:confident]

 

 

最後までお付き合いありがとうございました

   ↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

にほんブログ村