生きた証し

No.7

京の今日は快晴[E:sun]

 

桜だよりが彼方此方から…[E:ear]

気がつけばもう春、三月も終わりですね

 

久しぶりの更新です、一か月のご無沙汰でした

今日は

兄の最後をここに残しておこうと思います

            良かったらお付き合いください…

 

1月26日の救急搬送から23日間

       兄の戦いは 2月17日 2時14分終結

戦いの地は京都市立病院

  丁寧に納得いくまで説明していただいたICUのDr.達

  親身に話を聞いてくれはったICUの看護師長さん

  暖かい手を差し伸べてくれはった看護師さん達

「この病院で良かった! 」 って思いました

心のこもった治療・看護に頭の下がる思いの23日間でした 

 

 

実は、二年前の24年4月

私の家に近い[E:hospital]に救急搬送された兄は

脳動脈瘤破裂 で 8時間にわたる手術を受け

その後も

再発予防の為、医師から再手術を勧められてました

定期的に病院に通ってたのに…

その時はわからなかった今回の病魔

 

    兄は食道ガン…末期でした

 

自覚症状があってからでは、時既に遅し・・・です

 

    

 

京都市立病院のICUに運ばれた時

延命治療についての話がありました

父が亡くなる前も、昨年の母の入院時にも

延命治療をきっぱり断っていた兄だったので

私も 「兄は望んで無いと思います…」 と Dr.に伝えました

でも、その翌日

「人工呼吸器を付けたら助かるかも…どうされますか ?」

と電話があり

   付けたら助かるかも…  付けなかったら…

 

兄の意思には反するけど

延命ではなく救命の為に人工呼吸器を付けてもらいました

その他、血圧を上げるお薬や

癌が肝臓にも飛んでたので人工透析等

出来る限り手を尽くしていただきました

 

ある日、私は喋れない兄に問いかけました

 「しんどいかぁ?」 と聞くと兄は小さく小さく頷き

 「もうちょっと頑張れるかぁ ? 」  これには小さく小さく横に…

 「頑張れへんの ?  もう楽になりたいかぁ ?」  

                今度は小さく小さく頷いたんです

「わかったしぃ~、わかったよ~、先生にそう言うわなぁ~」

                私は泣きながら兄に言いました

しっかり見てないとわからないくらいの動きやったけど

私には、縦…横…縦…兄の気持ちが見えました

涙か溢れて止まりませんでした

   頼りにしてたのに…

   こんな事になるなんて…     早すぎやし…

 

そしてまたある時は

「もう帰ろかな~ 帰るわ !  帰っていい ? 」

そう聞くと

人工呼吸器の管を噛むように口を動かしたんです

「帰れ !  ってかぁ~ ? 」  そう聞くと小さく頷きました

「はいはい、そしたら帰りますぅ~ また明日来るわな~」

 

そんなやり取りも

入院して17日目の気管切開後は出来なくなりました

口からの人工呼吸器の挿入は

チューブの痛みや感染症のリスクが増えるので

普通は二週間で気管切開に切り替えるそうです

 

助かる見込みがないのに

体に穴をあける手術して、兄に痛い思いをさせるのも…と

最初はお断りしようと思いました

  けど、口からのチューブも辛いやろな…

  麻酔もしてくれはるし手術の痛みもないやろし…

そう思い直して、 気管切開をお願いしました

 

しかし、その後は痛みを和らげるための薬が増え

ほとんど眠ってばかり…   

            問いかけに頷くこともなくなりました

 

何が良くて何が悪いか

全て良かれと思って決断したけど

良い方向には進みませんでした

 

私が悩んてた時 

「辛いでしょうけど、お兄さんの日頃の言動を思い出して

妹さんが決められたらいいんですよ

どんな決断をしても、それを誰も責めることはないし

お兄さんの事を考えて決めてあげて下さい」

看護師○さんの言葉に勇気をいただき

延命につながる治療をお断りすることにしました

 

2月14日(金)、ICUから個室に移ることになりました

Dr.から

「個室なら何時間いてもらってもいいですし

     ご親戚の方たちにも来てもらえますから…」

 

   窓から京の山々が見える部屋…

   ここが兄の最後の場所… 

   

 

そう覚悟した私にDr.が

「今夜が危ないです…この週末までかと…」 

 

     「エッ、 そんなに早く ? 」  

 

その夜から兄の側で二晩泊りました

 

一晩目の金曜日はしょっちゅう機械の警告音が鳴りました

ウトウトする間も無いくらい…

でも

土曜も日曜も薬のお陰で苦しむ様子も無く落ち着き

看護師さんに聞いたら 「横ばい状態です」 との事

   もうちょっと頑張ってくれるかな~

日曜の夜、真ん円お月さんを見ながら、一旦家に帰りました

   やっぱり私はチョイ甘です…

   2時14分、兄の命の灯が消えました

最後を看取ることができませんでした…兄ちゃんゴメン… 

 

家族で病室に駆け付け思いっきり泣きました

兄は穏やかな顔で眠ってました

髭が気になると、夫が電気カミソリで剃ってくれました

私は涙を拭きふき、葬儀社に連絡を取りました

 

 

お迎えの車がきて兄が運ばれて行きます

地下の駐車場まで

担当のDr.と当直の看護師さんが見送ってくれはりました

冷たい冷たい風が地上から降りてきて震えるくらい寒く

    「寒いのにすみません」 

半袖の看護師さんに申し訳なくて…

最後の最後までホントに良くしていただき

感謝の気持ちが涙と共に溢れました

 

       

悲しい別れの後は葬儀の準備

葬儀屋さんに言われるがまま

色んな事を決めていかなければなりません

初めての喪主

何が何だかバタバタと時が過ぎていきました

 

告別式の日は、ちょこっとお日様[E:sun]  そして曇り空[E:cloud]

火葬場に着いたら雪が舞ってきました

    

   兄ちゃん、最後の雪 見えたかぁ~ 

 

そして 

小さな箱に収まった兄を自宅に連れてかえりました

無人の実家に置くのは可哀想やと夫が言ってくれました

夫の言葉は嬉しかったです

兄は私の部屋にいます    四月五日の四十九日まで…

 

 

葬儀を終えた後は、兄の部屋の片づけが待ってました

土日の休みは毎週兄のマンションに行きました

   

   パソコン四台

   マウンテンバイクとロードバイク

   LPレコード

   ギターが二台

          その他、仕事関係の物…

 

兄の生きた証しを処分しなければなりません

 

ロードバイクとパソコン一台を兄の友達に…

マウンテンバイクとパソコン一台を従弟に…

 

LPレコードは中古レコード屋さんに売りに行きました

エレベーターの無い ビルの三階

狭い通路を残して

所狭しと段ボール箱にレコードが入れられ 

Img_6018

その狭い通路で店主が選別

150枚以上あったかな~、ほとんどジャズでした

全部で15,000円

ポケットからお金を出した手が何故か震えてはりました

  ん ?   この中にお宝でもあったん違うのん ? 

              そんな事思ってしまいました [E:bleah]

 

生きた証しを消していくのは辛い作業でした 

23日、部屋を明け渡しちょっとホッとした反面

何故か寂しい思いでマンションを後にしました…

 

春を待つことなく逝ってしまった兄は

今週の土曜日、ご先祖様の仲間入りをします

桜満開、桜の花びらがヒラヒラ舞い落ちる頃でしょうか…

 

 

実は、兄の事、母には言わずに今日まできました

85歳の母には耐えがたい事実やから

叔父や叔母にも相談してそう決めました

私は毎週ドキドキしながら母に会いに行き

兄の事を聞かれないとホッとして帰ります

もし聞かれても

「仕事で東京に行ってる」 とでも言おうかと…

母には元気でいて欲しいから…

 

 

明日から四月ですね

私も心機一転、またいつものチョイ甘に戻ろうと思います

みなさん、またお付き合いくださいね