優雅に京ぶらⅢ (7月) 山鉾巡行

No. 60

京の今日は祇園祭のクライマックス

暑さに負けず、娘と 山鉾巡行 見に行ってきましたよ~

『優雅に京ぶら』 三回目で~す [E:happy01]

               (写真クリックで大きくしてみて下さいネ)

1000年の伝統を誇る祇園祭は

保元・平治の乱、応仁・文明の乱、一向一揆など

幾度も中断しつつ、町衆の熱情に支えられ

京都の歴史と共に歩んできた祭りです

先頭の長刀鉾が四条烏丸を9時に出て

四条河原町と河原町御池で辻回しをしながら

新町御池に着くのが11時半

それまで

寺町通竹屋町の進々堂でモーニングで腹ごしらえ[E:pig][E:chick]

Img_3885Img_3886

コーヒーとグラノーラが私、娘はアップルジュース

パンは仲良く半分個

(ショップで買った分のカスクートは食べられずに持ち帰り)

お腹をいっぱいにして御池通りに着いたのが11時過ぎ

西の方に先頭の長刀鉾を発見し、ひたすら西へ

  沿道のビルやマンションの窓も人・人・人

  沿道も 人・人・人

やっと長刀鉾に追いついたら、ちょうど・・・

Img_3895 Img_3898

鉾に梯子を掛けて

禿(かむろ)役の男の子が下りてきました

禿君は自力で下りてきます

そして、主役のお稚児さんはというと 

Img_3899Img_3902

担がれて降りてきます

後ろ向きに降りてきて、サッと前に向き直りました

肩にお稚児さんをヒョイと乗せた担ぎ役さん、かっこええわ[E:up]

これは

稚児は神の使いとされ

地面に足をつけてはならないという習わしからなんです

Img_3903Img_3904

素手で手をつなぐ事も許されず

白い布越しに手を引きます

Img_3905Img_3906  

稚児・禿は、 大勢の人々に見送られて静かに鉾を降り

待機中の車へ乗りこみ、ようやくお役御免

       暑いのに、よう頑張りました   お疲れ様~

稚児たちを下した長刀鉾は

新町御池で辻回しして新町通りに入ります

ここで辻回しを見たかったけど、凄い人で見られず…[E:despair]

そのまま新町通りに入ることも出来ず

西洞院から三条通りを東に向かい新町通りに出ることに[E:run]

しかし、またフラり[E:sign05]

京都町家かりんとう あめんぼ堂 あめんぼcaféに in

かりんとうの試食をして職場の仲間にに買いました

「あっ、長刀鉾行ってしもたかなぁ~」

そう言いながら新町通りに出たら

    マサニ[E:sign01]  まもなく[E:sign03]  (みちくさ正解 !!) 

三条新町の角に無理やり陣取りました

そこでは、お巡りさんが拡声器片手に

三条通 西行き 一方通行の車の整理と

Img_3948_2

言っても言っても

はみ出してくる

          人の整理

新町通りは一方通行の狭い道

パトカーの先導でゆっくりゆっくり長刀鉾が近づいてきました

Img_3915Img_3918

  Img_3922_2Img_3923

目のまん前を鉾や山が通っていきます   

Img_3925Img_3926

左肩腕  帽子 拡声器

お巡りさんもチラチラ参加してくれてはります(笑)

Img_3935Img_3936  

ゴブラン織り・綴れ織り・西陣織の美術品で飾られた山鉾を

超間近で見たかったらココがいい~

けど

みんなよう知ってはります、ココもえらい凄い人[E:sweat01]

暑いし、焼けるし 

長刀鉾と郭巨山と太子山、三つだけ見てもう満足 [E:coldsweats01]

足早に涼しい大丸めがけて退散しました  [E:run][E:run] 

山鉾巡行おススメ場所の一つは新町御池かな~

ちょっと早めに行って御池通りが通行止めになったら

御池通りのど真ん中に東を向いて立ったら

お稚児さんも見られるし [E:eye]     辻回しも見られるし [E:eye]

しかし

私達親子みたいに遅くいくと辻回しはみられませんよ [E:wobbly]

それと

沢山の山鉾見たいなら

御池通りの有料観覧席の後ろがおススメかも~

[E:moneybag]払わなくても、観覧席のま後ろなら十分見えました [E:bleah]

でも

四条通で 「くじ改め」や「しめ縄切り」も見るのもいいかな~

とにかく、コースのどこで見ても

京都の暑さと、優雅な京の祭りを満喫できると思います

来年は是非・・・いかがですか~[E:wink]

最後までお付き合いありがとうございます

  ↓ ポチッと応援してくれはったら嬉しいデブ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

にほんブログ村