母の老後

京の今日は[E:sun] 

カンカン照りの正午

会社を後にして母の[E:hospital]に向かいました [E:train]

 

駅を降り、カンカン照りの中、[E:bank]まで [E:run]

母の通帳から[E:hospital]の支払いを下ろし

近くのスーパーで、巻き寿司とカップ入りのスイカを買い

カンカン照りの中、[E:hospital]まで [E:run]

 

ガンガンに冷房゜のきいた[E:hospital]で

母と二人でスイカを食べ、巻き寿司を食べ…

お昼ごはんを食べて間もないのに、母は良く食べました

巻き寿司を食べながら、

 

私  「ぜぜん食べられへんかった時

       初めて食べたんが巻き寿司やったな~」

母  「そやったか~ ? 」

私  「そうやで~、節分の日に

      …今日は節分やで~、丸かぶり食べる日やで~

       ってゆうたら、ほんならこうて来てもらおかな~

    ってゆうたし小ぶりの丸かぶり寿司買ってきたら

    一口半ほど食べたやろ~ ? 」

母  「そうやったかな~、ぜんぜん覚えてへんわ~」

その頃のことが母の記憶の中に無いのも無理ない話

ガリガリに痩せて生気も無く危ない状態でしたから…

点滴や輸血で快方に向かった頃の事です

 

それにしても

83才にして見事に生還した母の生命力は凄いデス[E:up]

ちょっとお呆けな事を言う時もあるけど

シッカリしてるやん !  って思うこともあるし… [E:coldsweats01]

 

 

母の老後

父が亡くなって三年の一人暮らし

自宅で転倒して入院 [E:hospital]

     ↓

   老健施設 ([E:hospital]併設)

     ↓

    入院 [E:hospital]

     ↓

 医療療養型施設 →介護療養型施設 [E:hospital]

この間…転倒してから二年半の年月が[E:dash][E:dash]

 

こうしてみると、母の老後は過酷です

そして

文句を言いながらも

その場に馴染んでいく母は偉いと思います

 

私はというと

母にとって ちょっとでも楽しい場所に落ち着けますように

             …と願うことしか出来ない娘です [E:confident]

 

このまま、100才までいっちゃって~[E:punch][E:happy01]

      [E:sign02] その頃私は・・・73才

              私も元気で頑張るし~[E:punch][E:wink]