雨の七夕

 

7月7日 (木)

京の今日は一日中雨 [E:rain][E:rain][E:rain][E:rain][E:rain][E:rain][E:rain]

激しくはないけど一日中[E:rain][E:rain][E:rain][E:rain][E:rain][E:rain][E:rain]

日差しがない分、気温は[E:down]

しかし、梅雨時の合羽はムシムシ蒸します

     暑いのなんの…バテバテですわ~ [E:wobbly]

もうちょっとしたら梅雨も終わるやろし

    もうちょっと,もうチョットの辛抱ですね [E:think]

 

 

今夜は七夕やのに雨でしたね

~~ 七夕の伝説 ~~

織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず 彦星 も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と 彦星 が流す涙といわれている。

 

 

織り姫さんと彦星さん

今日がだめなら旧暦の七月七日はキッと [E:night]

Photo

 

 

 

 

 

 

その日が晴れますよう祈ってますからね [E:confident]