メタボ回避

六時起床 

 

 

10:20 バナナ1本+トリムの水

 

12:00 カツロールとベーコンパン & ラスク & 小倉山荘 おぐら春秋



16:30 リッツ クリームサンド & 亀田 手塩屋



19:00 鯛のあら炊き & 小松菜とお揚げの炊いたん & トマト1個 & 串カツ1本 & 玄米200㌘

 

19:20 千鳥屋の菓子

 

 

 

      *******************************

 

 

昨日の悪戦苦闘談



 

第二話 『メタボ回避』



 

 健康診断、気がかりなのは採血・体重・腹囲なり~



 私、どうゆう訳か体の割に血管は極細

 どうぞ上手な看護師さんに当たりますように・・・

 今年の看護師さんは若そうに見えたけど上手でした

 第一関門なんなく突破sign03デス



 

 さて次は体重

 直前にトイレに行こうと思ってたのに行けず

 「計る前に息全部吐いときや~」

 と言うバタコさんの冗談を真に受け

 フゥ~ゥ~ウ~

 全部吐いて、シャキッと姿勢を正す前に

 ガツンと身長計が降りてきて・・・

 去年より 1 センチ弱も低くなってしもた~shock

     

 

 そして、問題の腹囲測定sign03

 測定士(?)さんに

 「大丈夫でしたか ? 」って聞いたら

 「大丈夫ですよ~」って言わはったから安心して次へ

 

 聴力検査の順番を待つ間、用紙に目をやると

 そこには・・・92・・・という数字がeyeannoy

910





 「うッそぉ~~~ぉ ! 」

 大丈夫ですって・・・大丈夫ですっていわはったやん

 それにしても、凄い数字やし~sad

 



 絶対書き間違いやsign03 ぜったいそうやsign03

 

 

 最後の医師の診察で

 「先生、こんなことになってるんですけど・・・」

 と、用紙を見せると

 

  

 「ん~ ? これは・・・」と言いながら私の顔を見て

  

 「そんなにないやろ~」と先生も

  

 「先生、体重も去年と100㌘しかちがわへんし 

 去年大丈夫やったのに、おかしいですよねぇ~ ?」

 

 「ん~、おかしいと思ったらもう一回計ってみたら ?」



 「そうですねぇ~、そうしますわ~」dash

 

 

 

 私はその足で腹囲測定の心電図の部屋に行き

 さっきの測定士(?)さんに



 「すみません、さっき大丈夫ですかって聞いたら

      大丈夫ですよって言ってくれはったのに

           こんなにあるんですけど・・・」



 測定士さんは、私の顔を見て

 「あら、ゴメンナサイ、もう一回はかりますわ~」

 

 

 私、顔は肥満顔やないんです、有り難いことに・・・

 

 

 で、またカーテンの中で再測定sign04

 

 

 「ありましたわ~、1センチ減りましたけど…」annoy

 

 

 -1センチ・・・ってことは 91センチsign02

 

 アカンやんsign03 メタボやんsign03 shock

 

 

 そこで、私は切々と懇願

 「そこをなんとか、なんとかゼロに・・・」m(__)m

 「ゼロにしといて下さい。お願いします~」m(__)m

 

 やさしい測定士さんは 92の 2 の上に

 グルグルグルグルを書いてくれはりました

 

 ホッ・・・confident これでメタボ回避です

 

 しかし、このメタボ回避の一部始終を

 心電図待ちの若い男性社員数名に見られてました

 部署も違うし、ぜんぜん知らん社員さんやったけどcoldsweats01

 

 どうぞ、ご内聞に・・・confident

 

 

 

 

 それからもう一つ

 測定士さん、再測定の時、私のお腹を見て

 なんて言わはったと思います~



 「覚えてます、覚えてます」やって~think

  

 こんな見事なお腹見たこと無かったんか~~~ ?

 なんか複雑な心境・・・catface

  

 

 

こうして、今年の健康診断は無事(?)終わりました

 

自分のお腹を再認識しました



これではアカンな~って



なんとかしますpunchbearing なんとかしなあきませんsign03